はてぶ
642view 3wow! 5もっと知りたい

澤田祥江さんの趣味旅プラン
ドッグランからショッピングまで、愛犬と回る代々木・原宿旅

初級向け
中級向け
上級向け

「日頃仕事で忙しく、たまの休日くらいは愛犬と一緒に遊んであげたい。でも、自分の買い物もしたい。時間を有意義に使うことができて両方の思いが叶えられるのが嬉しいですね。」代々木公園のドッグランから愛犬と一緒にカフェランチ、原宿ショッピングへ。忙しい愛犬家におすすめの休日ペット旅とは。

しゅみたびと:澤田祥江さん(48歳)

1969年、神奈川県川崎市生まれ。東京都在住。大学在学中、銀粉蝶、山下千景、片桐はいりと言う3人看板女優がいた小劇団「ブリキの自発団」で芝居を始める。大学卒業後、新劇「劇団 文学座」制作部に勤務。その後、テレビ業界に入りAD、D、Pとなり、現在、ドキュメンタリー専門のテレビ制作会社オルタスジャパンにてメディアプロデューサーとして、営業から映像以外のプロデュース全般を担当する。仕事の一つとして、趣味も実益も兼ねて、ペットに関する企画、獣医師のマネージメントも行う。大の愛犬家でもある。

趣味ペット

趣味歴7年

ペットへのこだわり

愛犬と出かける際は必ず写真を撮る。愛犬がかわいい向きなのはもちろん、万が一逃げ出して周りに迷惑をかけないようにリードは必ず着用させ、愛犬にも周りの人にも気を使い、安全に撮影するのがこだわり。

愛犬とのお出かけでは、愛犬の健康面にも気を配る。わんちゃんは、出かけると香りを嗅ぐことでその場所を確認する習性があるので、農薬を使わないドッグランなどは最適。一番のおすすめはバンガードインターナショナルフーズ社が運営する千葉県のドッグラン。

一緒にカフェに行くのが楽しみの一つ。おすすめは代々木公園近くにある「BONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK」。店内に一緒に入って食事ができるのが嬉しいお店

澤田祥江さんにとってペットとは

オールマイティなパートナー

趣味年表

6歳

近所にいた雑種のわんちゃんに大切なコートを噛まれ、わんちゃんが嫌いになる。

40歳

動物救急の取材を通じてわんちゃんに対するイメージが180度変わる。取材からおよそ2ヶ月後くらいに、ご縁がありヨークシャーテリア(女の子)を引き取り、キャンディーと名付けて飼い始める。

41歳

愛犬の主治医である白金高輪動物病院の獣医、佐藤貴紀先生のマネージメントを行うことになり、プライベートから仕事に繋がることに。

43歳

仕事でペットの番組を担当し、お店やスポットに興味を持ち始め、プライベートでも楽しむように。

44歳

殺処分犬を守るため、保護犬をモデルにしたファッションショーを立ち上げ。東京ビッグサイトのイベントなどでも実施。

47歳

ペットのお出かけ提案を仕事でしつつ、プライベートでもわんこ友達が増える。愛犬と一緒にカフェで楽しむことがライフワークになっている。

ペットをしていて最高の瞬間

一緒に外を歩いていて、愛犬の嬉しそうな表情を見た瞬間です。わんちゃんは本当に外が好きなので、新しい場所に行くととても喜びますし、知らない人から可愛がってもらえるのも楽しんでいます。やっぱり愛犬を褒めてもらえるのは私自身嬉しいですしね。コミュニケーションが少ない日本だからこそ、愛犬を連れて外に出ることで生まれる楽しみは大きいです。

澤田祥江さんおすすめのペット旅
ドッグランからショッピングまで、愛犬と回る代々木・原宿旅

ペットの番組を作っている時に、ドッグランも番組に入れたほうが良いと言われ、知り合いに勧められたのが代々木公園のドッグランでした。実は以前、番組でカラス退治の特集を作った際に来ていたのですが、わんちゃんに興味を持つ前だったので覚えていなかったんです。ペットの番組を機に私自身プライベートでも利用するようになりました。

時期

5月

期間

日帰り

人数

1人

目的地

代々木公園・原宿・渋谷

代々木公園のドッグランへ:

朝10時頃に代々木公園へ。まずはドッグラン利用のための登録を行い、利用開始。到着直後は大体愛犬が興奮状態なので、15分ほどわーっと遊ばせる。ドッグラン内ではリードを放しても問題なく、それだと動かなくなってしまう場合は着けたまま一緒に遊ぶ。通常の散歩時と変わらず、お水やおやつ、トイレ用具一式と座る用のシートを持っていく。代々木公園のドックランは登録が必要なため、必ず、事前に登録を行ってから遊びに行ってください。 http://yoyogidogrun.net/use.html

一緒にカフェに入りランチ:

遊んで、シートで休憩してというのを繰り返して、お昼になったら近くにあるカフェ「BONDI CAFE YOYOGI BEACH PARK」へ。12時頃は混んでいるので、事前に行くことが決まっている場合は予約をするか、当日入店の場合は13時頃に入る。ガヤガヤしない奥の席や、暖かい日はテラス席もおすすめ。愛犬と一緒に入ってランチ休憩。

愛犬用と自分用の買い物へ:

食後はわんちゃん用品を扱うお店へ。原宿近隣にはわんちゃんの洋服などを扱うお洒落なお店が複数ある。そのまま、愛犬をバッグに入れて原宿・渋谷で自分の買い物へ。顔まで入っていればデパートなども入ることができ、マナーを守れば買い物も問題なくできる。夕方頃まで一緒に街を周ってから帰宅。

旅の予算

ランチ代

2000円

合計

2000円

テレビのお仕事をしているとどうしても忙しくて日頃どこにもいけない事が多いのですが たまの休日くらいは愛犬と一緒に遊んであげたい。でも、自分の買い物もしたい。時間を有効に使いたい。そんな思いを両方叶えられるのが嬉しいですね。遊園地や宿泊施設など、一緒に過ごせる施設は増えていますが、都心で日帰りで楽しめる代々木公園は忙しい人におすすめです。

旅をもっと楽しむコツ

イベントの時期に合わせて行く

代々木公園では定期的にわんちゃんのイベントを開催しているので、その時期に合わせていくとより楽しめます。特にイベントが多い4月、5月は狙い目です。会場内に様々なわんちゃん関係の出店が並びフードコートもあるので食事もできます。また、わんちゃんに洋服を着せるのは日本をはじめ、アジア特有の文化と言われているので、参加している外国人観光客から非常に珍しがられ、国際交流が始まる場合もあります。

マナーを守って楽しむ

このルート以外でも同じですが、街中で誰もがわんちゃんを好きなわけではありません。トイレの処理はもちろん、顔まですっぽり入るバッグなど、個別の施設毎のルールに則って楽しむことが大事です。

2017年01月公開

文責:しゅみたびと編集部


記事を読んでどう思った?

ランキングRanking


1

メーカー系女子 × クライミング × 東南アジア周遊旅


2

子育て起業家 × キャンピングカー × 親子で冬を楽しむ、群馬県川場の旅


3

元古着屋店長 × 古着 × 横浜・港北エリア古着屋巡り旅


4

ベンチャー広報 × 釣り × 金沢八景・船釣り旅


5

親子で一緒に偶然の出会いを楽しむ、下北沢プログラミング体験旅