はてぶ
1125view 2wow! 7もっと知りたい

堀口直人さんの趣味旅プラン
自然に囲まれて五感を開く、全身で楽しむ鎌倉・ヨガ旅

初級向け
中級向け
上級向け

「山や海など、自然の空気を感じながらヨガをすることで、五感も心も開いた状態を体験できるのが魅力です。」鎌倉の海や山、寺社を散策して、ヨガをする。自然に囲まれて五感を開いた状態を生み出すヨガ旅とは。

しゅみたびと:堀口直人さん(34歳)

1982年生まれ。東京都出身新潟県在住。大学卒業後、ウェディングプロデュースのPlan・Do・See、人財開発コンサルティングのワークハピネス経て、プルデンシャル生命保険へ。20代半ばにして年収3,000万円を叩き出すが「うつ」を経験。自らに「本当に生きたい人生とは?」と徹底的に問い、心理カウンセラーに。ファッションと心理カウンセリングを組み合わせた「パーソナルプロデュース」や、心と身体に効果的なyogaの心の側面に着目し、幸せな人生を生きるための原理原則を体験する「コパッショントーク」を行う。

趣味ヨガ

趣味歴1年

ヨガへのこだわり

ヨガをどう人生に取り込むかがテーマで、体だけでなく心にヨガの思想を取り入れるようにしている。いわゆるポーズをとることだけでないヨガの側面を大事にしている。

ヨガ中の服装はあまり気にしない。ヨガだけでなく、良いものを使っているのに下手、というのが嫌なので、むしろその場で個性を発揮することを大切にしている。

ヨガの中で特定の流派を支持することは基本的にしない。ヨガ自体のそもそもの思想が「何かを隔てる」というものではないので、まんべんなく見てフラットでいたい。

堀口直人さんにとってヨガとは

人生をよりよくするための1つのツール

趣味年表

31歳

なんとなく興味をもってホットヨガ(ビクラムヨガ)に行くが、辛くて2回でやめる。暑くて水が飲めなくて、決まった動きをずっとするのが合わなかった。

32歳

ヨガ講師中島正明のダルマトークに参加。ヨガの心の部分を話す内容に惹かれ、スタッフを始める。体を動かすことはしないまま。

33歳

ヨガフェスタというイベントで、みんなと同じポーズをできる必要がないことに気付かされ、心身ともにヨガを楽しめるように。ヨガ講師磯部佳世子とコパッショントークという名のワークショップを始める。

ヨガをしていて最高の瞬間

人本来の優しさとか愛情とかに生で触れられる瞬間ですね。ヨガの時間は頭で考えないで感情で動くようになっていくんです。肩書きなど関係なく、人間がありのままに近い形で関係を築けるのが最高ですね。

堀口直人さんおすすめのヨガ旅
自然に囲まれて五感を開く、全身で楽しむ鎌倉・ヨガ旅

鎌倉に引っ越したことをきっかけに行き始めたプランです。海も山も寺社もあって、ヨガの場所にぴったりだったので、ヨガの先生と一緒に自分でイベントを開くこともしています。

時期

オールシーズン

期間

1日

人数

4人

目的地

鎌倉(神奈川県)

朝からお寺を散策:

朝10時くらいに鎌倉駅から旅を開始。まずは山に向かってお寺の散策。時期に合わせて見所がたくさんある。実際にお寺の中に入って、ゆっくりできる場所で瞑想をしてみるのもおすすめ。目を瞑って簡単に体験してみるだけでもとてもスッキリする。

材木座テラスでランチ:

一通り散策した後は、材木座テラスでランチ。一番上の階のPOSTというお店がおすすめ。カレーやパスタなど4種類のコースがあり、海を目の前に気持ちよくランチを食べられる。そのまま建物内のお店でショッピングをするのもあり。

ヨガで心と体をリフレッシュ:

休憩した後は大町会館へ。鎌倉でヨガをやるならここ、という場所。事前にクラスに申し込んで参加。まずは体を動かして、その後に講義を通じてヨガの心の部分に触れて、心身ともにリフレッシュ。それぞれ2時間ほどかけて、18時頃からそのまま夕食へ。鎌倉の小町通りで、その時の気分に合わせた店に入って楽しんで解散。

旅の予算

ヨガ

3000円

ランチ

1000円

飲み代

5000円

合計

9000円

山や海など、自然の空気を感じながらヨガをすることで、五感も心も開いた状態を体験できるのが魅力です。都会から一時間で全く別世界に行くことができ、街が持っている雰囲気を体で感じることができるんです。他にも海に近い地域に住んでいたことがありますが、鎌倉は全然違いますね。お店も早い時間に閉まることが多く、街に住む人が都会とは異なる生き方をしています。

旅をもっと楽しむコツ

極力先入観を捨てて行く

全て「初めまして」という状態の方が楽しめる。五感を開いて吸収するためにも、色々な物を捨てて行くのがおすすめ。

遠慮せずにやりたいことをやる

旅中は心や体に素直になり、やりたいことをやるのがおすすめ。お店にフラット立ち寄ってみたり、気分で一泊してみたり。鎌倉で泊まるならグッドモーニングという宿がおすすめ。

2017年02月公開

文責:しゅみたびと編集部


記事を読んでどう思った?

ランキングRanking


1

メーカー系女子 × クライミング × 東南アジア周遊旅


2

子育て起業家 × キャンピングカー × 親子で冬を楽しむ、群馬県川場の旅


3

元古着屋店長 × 古着 × 横浜・港北エリア古着屋巡り旅


4

ベンチャー広報 × 釣り × 金沢八景・船釣り旅


5

親子で一緒に偶然の出会いを楽しむ、下北沢プログラミング体験旅